コンパクトに持ち運べる電子コミック

通勤や通学時間で漫画を読むときは週刊誌を買うことが多く、短時間で読み終えることが魅力的です。週刊誌の場合は読み終えた後にごみ箱に捨てていく人もいますが、ごみが増えてしまい環境によくありません。中には電車などで人が読んだ週刊誌を集めて路上で再販売する人もいるほどです。大体200円ほどの金額を半額の100円で販売しており、高校生などはもっぱら利用しています。潔癖症の人であれば自分で購入して読まないと無理だと思います。さらに、興味のない作者の漫画も描かれているので、せっかく買った週刊誌を100パーセント楽しめないことが多いです。単行本の場合は自分の好きな作品だけ読むことが出来ますが、通勤や通学時間では荷物になってしまいます。もし、単行本が荷物にならない大きさになりどこでも簡単に読めるようになれば、資源を無駄にすることがなく理想の形になります。最近では、漫画をデータファイルにしてインターネット上で読めるようになりました。漫画のデーターファイルを電子コミックといいます。電子コミックは、持ち運びができる携帯電子端末のタブレットやスマートフォンで簡単に読むことができます。漫画のデータはサイト上にありますので、いつでも読みたい漫画をサイトからダウンロードすることができます。操作方法はとても簡単で本を触るような感覚で画面に出ている漫画を触り、ページをめくる感覚で携帯電子端末を操作しながら読んでいきます。本を手にとって読んでいた人たちにとっては電子コミックに違和感を感じるかもしれませんが、電子コミックはいつでも読めるのでとても便利です。友人や会社の同僚と会話の中で漫画の話になった時に、すぐに相手にそのシーンを電子コミックなら見せることができるため円滑にコミュニケーションも取れます。電子コミックは人間社会において必要不可欠になっていくでしょう。個人的にも非常に今後の展望に期待を膨らませています。