否定される人間生録にイライラが募ります。あくまでも冷静に

現金を稼がないと生きていけない世の中、ホントイライラ行う。
現金を持って帰らないと怒られ、面白味も囚われ、あたいは何をやってるんだとつくづく思います。

最近体調を壊して、自宅で仕事を始めました。
相方は私の状態を知ってるはずなのに、「もっと稼げ」とか「稼げない事業なら、もうやめろとか」言ってきて、
「体調乏しいなりにもらえる訳やってんのに」って、ホント内心が失せます。
自分があたいとおんなじ状態で、おんなじ訳言われたらどうおもうかを考えてからから言葉にやるだ。

面白味やってるから、あたいは今昔の明るさを少しずつ取り戻してきてるのに、今魅力取り上げられたらもうどうやって生きていったらいいかわかりません。
勝てるとか稼げないとかの前に、少額でもお金が入ってくれば良いという考えが、何故相方にはできないのか不思議です。
私の財が零でも宜しいなら何もやりませんよ。
少しでも増やしになったらと思って、居留ワーク始めてみたのに「なんだよ」って思います。

もう少し、病弱な人間でも生き易い国にやるですよ。
体調なんて多様なのに、あれこれと同じように動けるとか思ってもらっちゃ窮するんです。
世の中の人間たちはもっと精神病に関心を持つべきだし、そう言う人間たちも頑張ってることを評価してくれる社会になっていってくれると嬉しく思います。