先祖に安堵のお墓参りをしにお盆休みは必ず行きましょう

こどもの頃、お盆のお墓参りは苦しみ本体だった。おばあちゃんの住まいに通える、従兄弟たちと巡り会えるから、頑張って親に連れられ行ってはいたが、正直は嫌で嫌で手法なかった。鬱蒼としたお墓とその周辺をあるくのも、苦痛だった。現在でこそ、お墓の側も整備され、すぐ身の回りまで自家用車でたどり着けるようになったが、昔は田んぼの中の道路をひたすら花や水を持って、歩いて行った。ふる里ならではの各種虫がいて、刺されることが最良嫌だった。古びたお墓に拳固を合わせて形だけのおまいりはしたが、お墓の祖父を解るハズも無く、なんの憧れれもなかった。素早く帰りたいと思っていた。
際がたち、かわいがってくれた祖父母たち、そして親までが他界した。だんだんと自然にお墓が不快場所ではなくなった。なくなった祖父母やお父さんと心の会話ができるところのような気がして、できれば何度でも行きたい場所にかわった。
今結婚して、マイホームとは遠いところにいらっしゃる。ゆっくり祖父、祖父母、お父さんのお墓参りができるのは、81箇月の夏休みの瞬間だけになった。今お墓は、すぐ身の回りで参宮できるようにと、ふる里から近くのお寺の中にかわった。オレンジに色付いたほおずきの入ったお盆みたいの仏花を供え、赤白の提灯を指し示す。ロウソクと線香に火を点け、お墓に拳固をあわせ、一年分の御礼を思い切りやる。暑い夏季の夕方、またメンタリティが新たになる拍子です。朝のルテイン&プラセンタ|@コスメなどの口コミでも高評価な理由